神埼地区保護司会

新着  佐賀県警察 少年サポートセンター

 

佐賀県警察では、「少年サポートセンター」を設置し、少年に関する悩みや困りごとの相談に応じ、非行・不良行為少年や被害少年に対して継続的な支援活動等が行われています。サポートセンターは県庁前お濠北側の佐賀県警察に在ったのを佐賀市松原の「佐賀バルーンミュージアム」3階へ移転しています。
お濠前は敷居が高く感じられたが、今は陽光指すガラス張りのコーナーは”とにかく明るい空間”で居心地が良さそうで様々な子ども達が集っている場所でした。活動内容も多岐にわたり、その発想や手法は「目からウロコ」の参考になることが多く収穫の多い研修となりました。
神埼地区保護司会
講師の松隈指導官より豊富な取り組み・活動内容の説明があり、どれもが心に響くものばかりでしたが、心に残ったフレーズを一つだけ御礼を込めて読者の皆様へもご紹介をします。

困った子は困っている子
非行少年は不幸少年

神埼地区保護司会

 

しつけポイント3

3.大きな声ではなくできるだけ落ち着いた声で

子どもがうまくできないときなどに、つい大きな声で叱ってしまうことも多いのではないでしょうか? そんなときほど、できるだけ落ち着いた声で話しかけることが、大切になります。
神埼地区保護司会
少し低めの声で、しっかりと目を見て話すようにすれば、より子どもに気持ちが伝わりやすくなるでしょう。子どもの目線で話すと、威圧感も軽減できます。また、スーパーなどの大勢の人がいる場所でも、大声で子どもを叱ることは避けましょう。子どもの自尊心を傷つけることにもなります。

神埼地区保護司会

子どもは保護者や周りの大人たちの行動をよく観察しています。大人が礼儀作法の見本となるような行動、振る舞いを心がけるのも、しつけにおける大切なポイントになるでしょう。

神埼地区保護司会

 

11月:(霜月・しもつき)

霜が降りる頃であることから、「霜月」と呼ばれるようになったというのが一般的のようです。

 

暦     3日(木・祝) 文化の日
     7日(月)   立冬
    15日(火)   七五三
    23日(水・祝) 勤労感謝の日

 

花   菊 山茶花 シクラメン もみじ 金木犀 南天
神埼地区保護司会

 

野菜  白菜 小松菜 大根 れんこん ブロッコリー

神埼地区保護司会

 

紅葉狩り 紅葉を鑑賞する習慣は、奈良時代から始まったといわれ、「万葉集」にも登場しています。平安時代の頃に貴族の間で広まり、紅葉を愛でながら宴を開いていたようで、その様子は「源氏物語」にも描かれています。その後、江戸時代には庶民も楽しむようになり、季節の行事として定着していきました。
紅葉狩りの語源は、 「狩る」とは獣を捕まえるということですが、花や草木を探し求めるという意味もあるそうで、果物を採る場合にも使われます。「いちご狩り」や「ぶどう狩り」って言いますよね。採集するわけでもなく、紅葉を鑑賞するのに「紅葉狩り」というのは、狩猟を好まない貴族が自然を鑑賞するすることを狩りに例えたといわれていますが、定かではありません。春の桜は「花見」といい桜狩りとは言いませんよね。やはり狩猟のシーズンの秋だから「狩り」という言葉を用いたのでしょうか。また、元々は紅葉を集めて楽しんでいたのが、眺めることに変わっていったという説もあります。

 

子ども川柳 001

・シーラカンスさかなのほねだびっくりだ(小1)
・つくしがねやせてるからねおねえちゃん(小1)
・この世には雑草なんてありません(小5)
・何だコレ自分が植えた気がしない(小5)
・ホトケノザこれはお天道様の分(中3)

神埼地区保護司会

          ・あの草の花が咲いたら誕生日(中2)
          ・毒草が魔女の部屋には一面に(中2)
          ・僕だって花と同じで成長期(中3)
          ・黒い羽鳥が残した道しるべ(中1)
          ・この木はね雨にも風にも負けない木(小3)
・ぼくの夢どっちへ行くか楽しみだ(小5)
・あのころは葉っぱでしたなおままごと(小6)
・とりのはねいちまいおちた春のいろ(小2)
・細い草きちんと冬をこせたかな(中2)
・不思議だな冬に花火があがってる(小4)
・枝分かれ僕の人生どこ向かう(中3)

神埼地区保護司会

 

安全・安心(2/14)

子どもの安全・安心(3/14)
もしひとりになったら

もしひとりで行動することになったら、なるべく「人通りの多い道」を通りましょう。そして「人通りの少ない道」では、いつも以上にまわりに気を配ります。前・右・左を確認しながら、そして、ときどき、後ろも確認しながら進みましょう。

 

神埼地区保護司会

 

 

前向き子育て

親は子育てに対してもっと自信を持ち、前向き子育てにより成長する子どもは、学校での生活も良好になります。友だちを作りやすくなります。子どもが自分自身について前向きに感じます。そして、成長してからの行動または感情の問題を引き起こす可能性が低くなります。前向きな子は、どのような状況であっても自分で判断し、前進することができます。

 

前向き子育ての5つの原則

 

1. 安全で楽しい環境作り
退屈すると、子どもはよくない行動に走りがちです。退屈しているティーンエイジャーは、トラブルを引き起こす可能性があります。ですから、子どもが安全に探求し、スキルを伸ばせる環境を作りましょう。

神埼地区保護司会

 

2. 前向きな学びの環境作り
子どもやティーンエージャーが助けを求めたりおしゃべりに来たりする時には、学ぶ心構えができています。1分ぐらいでいいので、子どもと向き会いましょう。

 

3. 一貫した分かりやすいしつけ
明確なルールや制限を設定し、偏りのない、問題に応じた公平な結果を使って対処しましょう。年齢の大きな子どもとは、ルールのいくつかについて交渉したり、ルールや問題に応じた結果を一緒に決めたりしてもよいでしょう。子どもの年齢に関わらず、好ましいと思う行動をほめて励ましましょう。

神埼地区保護司会

 

4. 現実的な期待を持つ
人は誰でも、完璧な人はいません。だから、子どもができること以上のことを期待してはいけません。私たちは皆、時々間違ったことをすることも覚えておきましょう。

 

5. 親としての自分を大切にする
すべてはバランスです。親自身のニーズにも気を配る必要があります。なので、親も何らかのサポートを受け、友だちとの時間を作り、可能であれば、自分だけの時間も少し取るように心がけましょう。

 

社会を明るくする運動 2022

キャンペーン2022

神埼地区保護司会

吉野ヶ里町商工会さん主催の第150回「吉野ヶ里夢ロマン軽トラ市」会場で「社会を明るくする運動」キャンペーンを行いました。毎月第一日曜日に「吉野ケ里歴史公園」東口正面入り口の駐車場・通路周辺で行われていますが朝方は雨模様と新型コロナ蔓延の中でも89店舗の出店と大勢のお客様が来場されていました。キャンペーンには地元吉野ヶ里町長の伊東健吾様が飛び入りで参加いただきました。ご支援とご協力に深く感謝申し上げます。

神埼地区保護司会

神埼地区保護司会


 

歳時記

 

神埼地区保護司会,子ども,安心安全,子育て,かささぎ

日本では、古(いにしえ)より移ろいゆく季節を愛(め)でて,四季の歳時や年中行事を大切にしてきました。また、旧暦では、和風月名(わふうげつめい)と呼ばれる月の和風の呼び名を使用していました。旧暦の季節や行事に合わせたものですが、現在の季節感とは1〜2ヶ月ほどのずれがあります。ここでは、身近な学校行事や地域の行事などとともにご紹介します。


 

子育て

 

神埼地区保護司会,子ども,安心安全,子育て,かささぎ

ここでは、赤ちゃんから小学生・中学生までの子どもをお持ちのお母さん、お父さんへ話題や情報を通して前向きな子育てに役立つことを願ってお届けします。
 ・「三つ子の魂、百まで」
 ・「親子関係はうまくいってますか?」など、など・・・


 

 

神埼地区保護司会,子ども,安心安全,子育て,かささぎ

親が子どもに望むことは伸び伸びと健やかに育ってほしいですね。
ここでは次のようなことをテーマにしています。

 

・間違った方向に行かないよう真っすぐな道に導く
・社会生活をする上でのルール・決まりを守れる
・相手を想う気持ち・気遣いを行動で表せること


 

安心

 

神埼地区保護司会,子ども,安心安全,子育て,かささぎ

子どもたちが置かれている社会環境は、決して安心できるものではありません。
子どもが犠牲になる犯罪や事故は、毎日のように起きています。
子どもたちが無事に過ごせるよう、子どもたちを取り巻く現状や、具体的な対策などを紹介します。


 

社会を明るくする運動

 

ぼくの名前はホゴちゃんです。立ち直ろうとしている人をいつも温かく見守り,犯罪や非行のない明るい社会を願う心優しいペンギンです。チャームポイントは胸の「生きるマーク」で、「黄色い羽根」は運動のシンボルマークです。みなさんも,ボクたちと一緒に“社会を明るくする運動”を盛り上げてくれたらうれしいな。

 

■地域のチカラが犯罪や非行を防ぎます。
 犯罪や非行をする人を生み出さない家庭や地域づくりは,とても大切なことです。私たちは「子どもたちの健やかな成長を願って!」子育て中のお母さん、お父さんを応援しています。


 

神埼地区保護司会

 

保護司とは
法務大臣が委嘱する更生保護のボランティアです。
1.犯罪や非行をした人たちの立ち直りを手助けします。
2.犯罪予防のため安全安心な地域社会づくりに取り組んでいます。
●「かささぎ」名称由来〜子どもたちの健やかな成長を願って
カササギはカラスの仲間ですが群れたりせず、家族単位で暮らすそうです。また、つがいになると、一生同じ相手と過ごすといわれます。巣立ちした若鳥は集団でいることが多いのですが、その後はつがいとなって個別の縄張りを持つようになるということです。
国の天然記念物に指定され、佐賀県鳥にも定められています。
神埼地区保護司会
神埼地区更生保護サポートセンター
〒842−0104 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町三津777番地
TEL/FAX 0952−52−9449
E-Mail kanzakihogoshikai@yahoo.co.jp


 
更新履歴
page top