神埼地区保護司会

 

 

 

 

 

 

しつけポイント3

 

3.大きな声ではなくできるだけ落ち着いた声で

子どもがうまくできないときなどに、つい大きな声で叱ってしまうことも多いのではないでしょうか? そんなときほど、できるだけ落ち着いた声で話しかけることが、大切になります。
躾
少し低めの声で、しっかりと目を見て話すようにすれば、より子どもに気持ちが伝わりやすくなるでしょう。子どもの目線で話すと、威圧感も軽減できます。また、スーパーなどの大勢の人がいる場所でも、大声で子どもを叱ることは避けましょう。子どもの自尊心を傷つけることにもなります。

躾

子どもは保護者や周りの大人たちの行動をよく観察しています。大人が礼儀作法の見本となるような行動、振る舞いを心がけるのも、しつけにおける大切なポイントになるでしょう。

躾

 

しつけポイント2

上手なしつけ方〜5つのポイント〜ポイント2「やらなかったことを叱る」のではなく「できたことを褒める」

しつけをする際にやりがちなのが、「やらなかったことを叱る」ということです。しかし、叱るとそのときは従うもののイヤイヤやることになってしまうでしょう。その結果、「バレなければいいや」という気持ちが芽生えやすくなりますので、次につながりにくくなってしまいます。

 

躾
また、褒めるとお子さまはそのことを好きになり、自主的に動くようになるかもしれません。褒めるときのポイントは「えらいね」や「すごいね」だけではなく、「おかげでママ助かったわ」や「きれいにお片づけできて気持ちがいいわね」などの言葉で伝えることも大切です。お子さまの行動の結果、どんないいことが起きたのか、ということも一緒に伝えると、よりお子さまのやる気につながりやすいでしょう。

躾

 

しつけポイント1

上手なしつけ方 〜5つのポイント〜 ポイント1.「〜しなさい」ではなく「〜しようね!」

しつけをするときは、その理由をきちんと納得できるように説明し、「〜しようね!」と提案することが大切です。そうすることで、「自分で頑張った」という自主性を子どもが感じるようになるでしょう。

 

しつけをするときに大切なポイントは、「否定しない」ということです。子どもがしていることに対して、ついイライラして「〜しないでね」と言ってしまうこともあるでしょう。しかし、子どもは自分がしていることを否定されるとイヤな気分になり、素直に大人の言うことが聞けなくなってしまいます。
そこで大切なのは「やってはいけないこと」を言うのではなく、「やってほしいこと」を伝えること。ポイントは「具体的にやってほしい行動内容」を伝えることです。
躾
子どもは、イメージができないとうまく行動に移すことが難しい場合があります。例えば、「汚い手でおにぎりを食べないでね」と親が言っても、なぜダメなのかが子どもにはわかりません。「汚い手でおにぎりを食べるとバイキンさんも一緒にお口の中に入ってしまうから、おなかが痛くならないように、きれいな手で食べようね」と言うだけで具体的なイメージが湧きやすくなるでしょう。このように、なぜそうすることが良いことなのか、ということを伝えれば、子どもも納得して行動に移しやすくなります。

 

10 子ども川柳

躾

・うちゅうまで明日晴れるか見に行くよ(小3)
・晴れた日に収穫トマトかぶりつく
躾 躾
・晴れの日は男は外にいくらしい(小3)
・あいすはねはれになったらおいしいよ(小1)
・晴れがすき太陽もすき月もすき(小3
・ガチャガチャで晴れのカプセルあたるかな(小2)
・忘れ物届くといいな僕のかさ(中1)
・今日は晴れおれの心はどしゃぶりだ(小5)
・そとは雨しゅくだいなくてこころ晴れ(小1) (広報誌第15号掲載)
・神様が選んでつくる晴れと雨(中1)
・台風のすぎた空色ラムネ色(中3)
・晴れた空見るとくしゃみがでてくるね(小6)
・毎日が太陽みたいな学級だ(中1)
・青い空せんたくものがパリッパリ(小3)
・ばあちゃんが笑っている日はいつも晴れ(中1)
躾 躾

 

躾けるとき

こんなときは叱ってもOK
しつけをするということは、ルールを教えるということです。ケガにつながるような危険な行動があった場合は、しっかりと叱るということも必要でしょう。

 

 

しつけだからと、どんなことでも約束をして、守れないからと叱ってばかりいる状態にはならないよう気を付けてください。保護者は約束事の内容が、叱る必要のあるものなのかどうかを判断することも大切です。もちろん、約束を守るということも大切ですので、叱るほどの約束ではないと判断した時は、叱るのではなく話し合ったり、態度によっては注意したりということでもよいのではないでしょうか。


 

躾記事一覧

私は食べることが大好きです。食べる時にはかっこ良く、礼儀よく、きれいな食べ方をしたいと思います。 その前にすごく大切なことは、食事の時に「いただきます」と「ごちそうさま」の一言です。人が生きるために「食べる」ことは、必要なことです。だから、食事の際は食べることに対して、感謝をして食べる、本当にかっこいい食事マナーなのです。そして、「いただきます」は「命をいただきます」という意味です。私たちが食べて...

「明るい話」は、美味しい食事をより美味しくいただくためのスパイスです。難しく考えることはありません。前向きな話なら、何でもかまいません。遠足のときには、お弁当がいつもより美味しく感じられます。なぜ遠足で食べるお弁当は、あれほど美味しいのでしょうか。それは、楽しいからです。美味しく食事をするのは、子どもが上手です。明るい話をしながら食べるのは、子ども達の得意分野です。食事中は明るい話をするように心が...

おはようから始まるすてきな一日明るいあいさつ一言で、心が通い相手との距離が縮まります。「おはよう」「こんにちは」「ただいま」「いただきます」子どもが進んで気持ちよくあいさつできるように家庭や地域で大人が手本を示しましょう。

遊びに行くときのルールは、子どもの成長に合わせて更新が必要です。改めてルールについて親子で話しあってみましょう。帰宅時間がルーズになってしまう子どももいるかもしれません。子どもが安全に過ごすためのルールについて親子で話し合ってください。子どもを外に送り出すときの基本的なルールは、1.どこで、誰と、何をして遊ぶのか2.帰ってくる時間3.防犯ブザーなどの防犯グッズを身につける4.帰宅時間を守るルールは...

「早く勉強しなさい」「早く寝なさい」などとやかましく注意したところで、子どもは思い通りに動いてくれません。 子どもを動かすにもコツがあります。・「〜しないでね」を「〜してね」に変えることです。「やらないのを叱る」のではなく、「できたことを褒める」ことです。子どもを叱って動かすことは簡単なことですが、それはその場限り。叱れば叱るほど子どもは嫌になってしまい「バレなければいいや」という気持ちになります...

しつけは愛情を持って根気強くそして体力が必要です。いっぱい褒めたほうが伝わりやすい子もいれば、ゲーム感覚で取り組むことで自然と身につく子もいるなど、子ども一人ひとりに合った方法があります。しかし、いくら工夫しても、保護者と子どもの信頼関係がなければうまくいかないこともあるでしょう。だからこそ、普段から子どもの「意欲」や「できたこと」などを認めて褒めてあげることで自尊心を育み、信頼関係を構築しておく...

〜しなさい!ではなく 〜しようね!子どもにとって社会のルールは未知なもの。周りの大人の真似をしながら、少しずつ社会性を身につけていきます。では、真っ白な状態の子どもに対して上手にしつけをするにはどうすればいいのでしょうか。まず心がけたいのは、「〜しなさい!」ではなく「〜しようね!」に語尾を変えてみることです。どのような状況でも、大人がいきなり「〜しなさい!」と命令口調で言うと子どもは戸惑ってしまい...

「やらなかったことを叱る」のではなく「できたことを褒める」しつけをする際にやりがちなのが、「やらなかったことを叱る」ということです。しかし、叱るとそのときは従うもののイヤイヤやることになってしまうでしょう。その結果、「バレなければいいや」という気持ちが芽生えやすくなりますので、次につながりにくくなってしまいます。また、褒めると子どもはそのことを好きになり、自主的に動くようになるかもしれません。褒め...

「〜しないでね」ではなく「〜してね」しつけをするときに大切なポイントは、「否定しない」ということです。子どもがしていることに対して、ついイライラして「〜しないでね」と言ってしまうこともあるでしょう。しかし、子どもは自分がしていることを否定されるとイヤな気分になり、素直に大人の言うことが聞けなくなってしまいます。そこで大切なのは「やってはいけないこと」を言うのではなく、「やってほしいこと」を伝えるこ...

「躾」メニューに【子ども川柳】を随時ご紹介します。ボランティアで小学生から高校生までの子供たちに川柳の指導をされている真島久美子先生から提供していただきます。「子供達の飾らない素直な十七音字に一緒に触れていきましょう」とメッセージを頂きました。川柳は、決まりごとが少なく、間口の広さが魅力です。俳句と同じ五七五の十七音で構成されていますが、季語などを意識しなくてもよいのが特徴で、風刺を必ず入れなけれ...

● 生きている だからこころも そだつんだ (小学4年)● ゴキブリが そだっているよ ぼくのへや (中学2年)● いつのまに いとこも同じ 背の高さ (中学3年)● 海賊が のこした地図は 分からない (小学6年)● クモの糸 次はだれを たすけるの (小学4年)

● 小松菜か ホウレンソウか 悩む僕 (中学2年)● 育てると 分かる農家の ありがたみ (中学3年)● おうえんが ぼくのせなかに ひびいてる (小学4年)● 祖父の背に はじぬ自分で ありたいな (高校1年)● お父さん ぼくのせなかも ながしてよ (小学3年)

● どうしてだ おこられたのが わからない (小学6年)● レモン食べ 体にクーって したんだよ (小学3年)● 日がのぼり 金色電車 やってくる (小学6年)● おもいでに きっぷをください えきいんさん (小学1年)● 駅までの 道にさくらが さいている (小学5年)

● 心はね じょうぶな根っこで つくられる (小学6年)● 発売日 ゆめに出てくる ニューゲーム (小学4年)● 君の手を 口には出さず そっと取る (中学3年)● まだ来ない 授業参観 チラ見する (小学4年)● さみしいな 一番のりの たいいくかん (小学3年)● ママの声 大きくなる前に やめておこう (小学3年)● シャトルラン 憂うつになる あの音色 (高校1年)● 告はくを 失敗したら...

● 体育祭 夢で何度も リハーサル (中学3年)● うきうきを うばうコロナは ゆるせない (小学6年)● おにいちゃん わたしのはなし ちゃんときけ (小学2年)● 家の中 けんかのたねが いっぱいだ (小学4年)● 忘れちゃう 先生早く テストして (小学5年)● 勉強を 休みすぎたよ 忘れたよ (中学3年)● はんげつに うさぎは月に はいれない (小学4年)● 夜空見て 悲しみ全部 ふきと...

● 三一一 みんなの祈り 虹かなた (中学2年)● みんながね おこっていたら にじでない (小学5年)● にがいのが いろいろとある よのなかだ (小学2年)● 母親の 苦い思い出 知りたいな (小学6年)● 笑ったら 心のボール 転がるよ (小学6年)● さか道に ころがるウメの うんどう会 (小学2年)● すきな人 ころころかわる せいしゅんだ (小学3年)● みな同じ 星を見ながら 眠る夜...

大きな声ではなくできるだけ落ち着いた声で子どもがうまくできないときなどに、つい大きな声で叱ってしまうという方も多いのではないでしょうか?そんなときほど、できるだけ落ち着いた声で話しかけることが、しつけをする際の大切なポイントになります。少し低めの声で、しっかりと目を見て話すようにすれば、より子どもに気持ちが伝わりやすくなるでしょう。子どもの目線までしゃがんで話すと、威圧感も軽減できます。また、ショ...

● 進む姉 見つけてつかむ 服のすそ (小学3年)● 進歩する ぼくの体が でかくなる (小学3年)● 始まりの 匂いただよう 桜の木 (中学1年)● 一人がね すすむとぼくも すすむよね (小学2年)● 前向いて 進むとみんな 寄ってくる (中学3年)● 明日へと 進んでいるのに 気付かない (中学2年)● よるのみち おばけがでそう けどすすむ (小学3年)● 自転車の 速さが違う 登下校 (...

● 祖母のこと きんもくせいで よみがえる(中1)● ほいくえん だっこをちょっと おぼえてる(小1)● ヘディングを したらきおくが なくなるよ(小3)● 人生の USBは 未完成(中3)● 六年間 記憶の容量 足りないな(小6)● なぜだろう 心の傷は 消えません(中2)● 政治家は 嫌な記憶に フタをする(中3)● 記憶をね たどっていくと 家ぞくだよ(小6)● 永遠に 記憶の中に 残る祖父...

・かばの口大きな空をたべるんだ(小1)・口にする給食ももうあと少し(中3)・うれしい日親への話止まらない(中2)・おれの口ヘリウムくらいかるかった(中1)・悪口はばんそうこうでも治らない(小5)・口にはねやさしい言葉入ってる(小4)・はがぬけてわらうと見えるチョコレート(小2)・給食であらそう男子リスの口(小5)・本当の気持ちはそこにあるのかな(中2)・妹の口についてるカスタード(小4)・口開けて...

こんなときは叱ってもOKしつけをするということは、ルールを教えるということです。ケガにつながるような危険な行動があった場合は、しっかりと叱るということも必要でしょう。どんな場合に叱ってもいいのでしょうか。・危険なことをした場合命にかかわるような危険なことをした場合は、叱ることも必要でしょう。しかし、その場合もなぜダメなのかをしっかりと伝えることが大切です。例えば、子どもは、遊びに夢中になって道路に...

こんなときは叱ってもOKしつけをするということは、ルールを教えるということです。ケガにつながるような危険な行動があった場合は、しっかりと叱るということも必要でしょう。しつけだからと、どんなことでも約束をして、守れないからと叱ってばかりいる状態にはならないよう気を付けてください。保護者は約束事の内容が、叱る必要のあるものなのかどうかを判断することも大切です。もちろん、約束を守るということも大切ですの...

・うちゅうまで明日晴れるか見に行くよ(小3)・晴れた日に収穫トマトかぶりつく ・晴れの日は男は外にいくらしい(小3)・あいすはねはれになったらおいしいよ(小1)・晴れがすき太陽もすき月もすき(小3・ガチャガチャで晴れのカプセルあたるかな(小2)・忘れ物届くといいな僕のかさ(中1)・今日は晴れおれの心はどしゃぶりだ(小5)・そとは雨しゅくだいなくてこころ晴れ(小1) (広報誌第15号掲載)・神様が選...

上手なしつけ方 〜5つのポイント〜 ポイント1.「〜しなさい」ではなく「〜しようね!」しつけをするときは、その理由をきちんと納得できるように説明し、「〜しようね!」と提案することが大切です。そうすることで、「自分で頑張った」という自主性を子どもが感じるようになるでしょう。しつけをするときに大切なポイントは、「否定しない」ということです。子どもがしていることに対して、ついイライラして「〜しないでね」...

上手なしつけ方〜5つのポイント〜ポイント2「やらなかったことを叱る」のではなく「できたことを褒める」しつけをする際にやりがちなのが、「やらなかったことを叱る」ということです。しかし、叱るとそのときは従うもののイヤイヤやることになってしまうでしょう。その結果、「バレなければいいや」という気持ちが芽生えやすくなりますので、次につながりにくくなってしまいます。また、褒めるとお子さまはそのことを好きになり...

3.大きな声ではなくできるだけ落ち着いた声で子どもがうまくできないときなどに、つい大きな声で叱ってしまうことも多いのではないでしょうか? そんなときほど、できるだけ落ち着いた声で話しかけることが、大切になります。少し低めの声で、しっかりと目を見て話すようにすれば、より子どもに気持ちが伝わりやすくなるでしょう。子どもの目線で話すと、威圧感も軽減できます。また、スーパーなどの大勢の人がいる場所でも、大...

page top