神埼地区保護司会

7月:文月(ふづき・ふみづき)2021

 

稲の穂が実る月(穂含月:ほふみづき)
短冊に歌や字を書いて、書道の上達を祈った七夕の行事に因んだ「文被月(ふみひらづき)」が転じたものといわれています。

 

●暦  7日(水) 七夕
   15日(木) お盆
   19日(月) 海の日
   22日(木) 大暑

7月

●大暑(たいしょ)
梅雨明けの時季で、夏の土用もこの頃。いよいよ本格的な夏の到来です。大暑って文字を見ているだけで汗が噴出してきそうな名前ですね。最も暑い頃という意味ですが、実際の暑さのピークはもう少し後になります。
「打ち水」大暑の日に合わせて、各地で行われる打ち水のイベントも、もう恒例行事となりましたね。打ち水とは、道路や庭に水をまいて土埃を防いだり涼を得たりすることで、昔から伝わる生活の知恵です。もともとは神様が通る道を清めるためのものでしたが、江戸時代には、主に涼を得ることが目的となりました。
●花 くちなし 桔梗 ひまわり スイレン 朝顔

 

●旬の野菜 きゅうり かぼちゃ トウモロコシ オクラ 茄子 枝豆

7月


 
page top